商人としての市場価値を高める、
他社とは異なるユアサ独自の5つの流儀。

1人の社員が担当する顧客が10社程度の企業もあるが、
ユアサ商事では1人50社を担当する。
少数精鋭にこだわり、圧倒的な生産性を実現する。

プロセス毎に案件を分業するのではなく、
ユアサ商事は全てのプロセスを1人で任される。
全工程を把握し、段取りを組めるからこそ、効率的かつ
お客様の要望にスピーディに応えることができる。

いくら速く走ろうが、車には勝てない。
そう、どれだけ努力しようが超えられない壁がある。
そこには、イノベーションという鍵がかかっているからだ。
その鍵は、当たり前を疑い、
常に思考する者にのみ与えられる。
決まったプロセス作業をこなすだけならロボットでいい。
ユアサ商事はロボットという商人は求めていない。

我々は355年の歴史の中で築き上げた取引先との
ネットワークと、資本業務提携を結ぶ
AI企業とのパートナーシップで、
異業種を「つなぐ」、AIとモノを「つなぐ」、
日本と世界を「つなぐ」といった
ユアサ商事だからこそ成し得る
新たな「つなぐ」価値を創造する。
新たな「つなぐ」価値で個社では
解決できない問題を解決することができる。

我々はマネジメント領域の研修を手厚く用意している。
なぜなら、我々の仕事はお客様の経営に
大きな影響を与えるからだ。
お客様の要求が、課題を解決する最適解なのか?
を常に問わなければならない。
お客様以上にお客様を理解し、
お客様も知らない価値を見つけ、提案することが求められる。
多くの経営陣と対峙する現場では、
視座の高い経営者視点が求められる。

任される仕事は幅広い。
背負う責任も大きい。

しかし同時に
お客様に、社会に、大きな価値提供が可能となる。
商人としての市場価値を高められる環境がある。
あなたも、己の市場価値を高めるキャリアを歩んでみませんか?

決め手は、市場価値。